京東が物流ロボット大会、人材獲得も視野に

インターネット通販大手の京東(北京市、JD.com)は26日、北京で物流ロボットコンテストを開催すると発表した。自社のスマート物流ソリューションの発展促進や、開発人材の獲得が狙い。27日付北京商報などが伝えた。

既に公式ウェブサイトを通じて参加申し込みを受け付けており、国内外の大学といった高等教育機関、ベンチャー企業などの参加を見込む。申込期間は8月5日まで。予選、決勝など3回のコンテストを行う。

ドローン(小型無人機)やロボット倉庫、無人スーパーといった「無人化」のソリューションを手掛ける京東X事業部の肖軍総裁によると、優勝チームには200万元(約3,330万円)の賞金を贈る。優秀なチームや人材に対しては、インキュベーション(起業支援)も行うという。

京東の物流ロボットコンテストは今回で2回目となる。第1回目のコンテストには10都市余りから5万人が参加し、約200台のロボットが性能を比べる競技を繰り広げた。


関連国・地域: 中国-北京
関連業種: IT・通信製造一般商業・サービス運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

地方債の起債額、上半期は1.4兆元(15:37)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

テイクオフ:切実に欲するのは、おい…(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

携帯の国内出荷17.8%減 上半期統計、下げ幅拡大(07/19)

求人で差別を禁止、人材紹介サービス条例(07/19)

地方の価格統制さらに縮小、対象を3割削減(07/19)

後方モニターが人気、カー用品使用度調査(07/19)

シエムレアプ新空港建設、月末に本格化(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン