• 印刷する

タクシー運転手の公的保険加入率、5%未満

マレーシアのM・クラセガラン人的資源相は、社会保障機構(SOCSO)に加入するタクシー運転手が全体の4.7%にすぎないことを明らかにした。全国約9万人の運転手のうち、加入者はわずか4,231人にとどまっている。27日付スターが伝えた。

同相は、アプリなどを通じた配車タクシー業務に従事する運転手も含め、タクシー業界では長時間労働が常態化し、事故を起こしやすい環境での労働を余儀なくされているとした上で、「本来ならSOCSOへの加入が必要とされる業務」と指摘。「年150リンギ(約4,100円)を支払うだけで補償が受けられる」と述べ、事故などに備えてSOCSOに加入するようタクシー運転手に呼び掛けた。

SOCSOによると、2017年に報告された事故は6万9,980件。うち47%が通勤途中の事故で、死者数は667人に上っている。10万人当たりの事故発生率が25人に達している現状を改善するため、同相は将来的に、公共交通が整備されているドイツ並みの同4人まで発生率を引き下げたいとしている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:高校時代に挫折したテニ…(11/13)

アジア景気は持ち直し傾向 三井住友銀などセミナー開催(11/13)

RM=27.2円、$=4.18RM(12日)(11/13)

国営石油、格付け引下げも財務は盤石と強調(11/13)

船舶燃油ストレーツ、香港同業の株式取得(11/13)

英国企業、第3の国民車構想に関心(11/13)

海運シンヤン、ノースポートと提携(11/13)

エアアジア、「KLIA2手数料」が禁止へ(11/13)

7~9月のサービス業指数、7.8%増(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン