• 印刷する

テイクオフ:「台湾に来てからの出来…

「台湾に来てからの出来事で、一番印象に残っていることはなんですか?」――。

日系外食チェーンの台湾トップに聞くと、初出店までの苦闘の日々が忘れられないと返ってきた。開業日が当初の予定から5カ月も延びプレッシャーと戦う毎日。そんな中でも本社の社長からは1回の催促もなかった。やっとこぎつけたオープン初日の「ようやった」の一言が胸にしみたそう。

後日、当の社長に聞くと、「待ち続けた5カ月の時間は、今振り返ると、実は人を育てるのに必要な時間だった」と語る。その時の苦労が布石となり、台湾での事業は着実に進展しているという。

リアルな言葉は人の心を打つ。出店までのエピソードを知ると、その店との心の距離感がぐっと近く感じるから不思議だ。日系企業の進出をストレートニュースとして伝えることも多いが、その裏にはそれぞれの苦闘のドラマが潜んでいることを忘れまい。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

DFNN、シンガポールのCYGと合弁へ(09/21)

8月の輸出受注額は同月最高 2カ月連続、スマホ発売がけん引(09/21)

上奇科技、デジタル印刷機市場に参入(09/21)

メモリーの威剛、ゲーミング事業に注力(09/21)

和碩董事長、「台湾で積極投資強める」(09/21)

ベンツのメンテナンス拠点、基隆に建設へ(09/21)

米商務省、台湾製PET樹脂に反ダンピング認定(09/21)

注射剤の科妍、米企業と独占販売契約(09/21)

富士康、18年テレビ出荷量は1650万台で世界首位(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン