続落、不動産政策や元安が要因=香港株式

27日の香港株式市場は3日続落して終了した。中国本土の不動産政策や人民元安が悪材料。関連銘柄や一部の主力銘柄が売られた。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前日比525.14ポイント(1.82%)安の28356.26で引けた。 ハンセン中国企…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

週末住宅取引の低迷続く、新築は21戸(16:58)

ナガコープ社債がアジア最良、香港経済誌(19:19)

最賃改定で自動化対応に需要 ヤンゴン、繊維業見本市に130社(12/10)

テイクオフ:マンションのエレベータ…(12/10)

香港初のEV旗艦工場設置へ 経済団体提案、ブランド創設も(12/10)

仮想銀、6~7社が次の審査に=HKMA(12/10)

ヤン州煤業、ヤンコールの株式放出を検討か(12/10)

続落、3日で1200ポイント下落=香港株式(12/10)

HSBC、認知症高齢者のサポート強化(12/10)

MPF任意負担、税控除上限を引き上げへ(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン