• 印刷する

テイクオフ:インドネシアでは、地域…

インドネシアでは、地域ぐるみで子どもを育てる文化が根強いと感じる。

断食明け大祭(レバラン)期間に訪ねたある村のお宅に、里帰りした小中高生の3人きょうだいが久しぶりに集合した。事情があって普段は両親と離れて別々の家に住んでいる。子どもは両親と一緒に住んだほうがいいと考えそうなものだが、親戚一同「それぞれの教育課程で最良の環境で学んだ方が良いのは当然。子育ては皆で行うもの」と口をそろえ、意に介していないようだ。

村には人口抑制のため「二人っ子政策」を推奨するピースサインの石像があるが、子どもを3人以上持つ世帯は多い。ある父親は「多い方が楽しいじゃないですか」と笑い飛ばした。経済的問題などいろんな事情を抱えていると思われるが、子育てを皆で楽しめる余裕があるからこそ、子どもにやさしい社会になるのだろうか。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

グラブが新サービス、人気店の出前に特化(17:56)

流通たばこ、100箱のうち7箱が違法品(16:29)

LRT駅周辺のTOD事業、59兆ルピア規模(16:16)

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

テイクオフ:ある映画で、インドネシ…(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

【この人に聞く】輸出や小売り事業を強化 緑化植物大手ブナラナーサリーズ(09/24)

大統領選候補者が確定、23日から選挙運動(09/24)

19年選挙戦、7カ月間の選挙運動が開始(09/24)

インドネシア大統領選開始 来年4月投開票(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン