• 印刷する

テイクオフ:インドネシアでは、地域…

インドネシアでは、地域ぐるみで子どもを育てる文化が根強いと感じる。

断食明け大祭(レバラン)期間に訪ねたある村のお宅に、里帰りした小中高生の3人きょうだいが久しぶりに集合した。事情があって普段は両親と離れて別々の家に住んでいる。子どもは両親と一緒に住んだほうがいいと考えそうなものだが、親戚一同「それぞれの教育課程で最良の環境で学んだ方が良いのは当然。子育ては皆で行うもの」と口をそろえ、意に介していないようだ。

村には人口抑制のため「二人っ子政策」を推奨するピースサインの石像があるが、子どもを3人以上持つ世帯は多い。ある父親は「多い方が楽しいじゃないですか」と笑い飛ばした。経済的問題などいろんな事情を抱えていると思われるが、子育てを皆で楽しめる余裕があるからこそ、子どもにやさしい社会になるのだろうか。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

石油ガス鉱区の調査データ、無料化を検討(11/16)

預金準備率を引き上げ、金融引き締め強化(11/16)

フェルダ、中国先物取引を支援 パーム油で大連商品交易所と覚書(11/16)

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

日本製工業品の海外展開支援 東京センチュリー、補助制度活用(11/16)

カラワン、最低賃金上昇で企業21社が移転へ(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

10月の四輪新車販売、12%増の10.6万台に(11/16)

〔政治スポットライト〕豪首相、サミットで外交問題打開目指す(11/16)

二輪車輸出台数、10月は74%増の7.2万台(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン