• 印刷する

テイクオフ:韓国でスマートフォンを…

韓国でスマートフォンを持っていない人に初めて会った。公務員試験の勉強に集中するため、昨年に解約したという。彼に連絡を取るには、下宿先の固定電話にかけるしかない。不在の時、管理人に伝言をするなど携帯電話のない時代を思い出させた。

米国市場調査機関ピュー・リサーチが37カ国を対象に、スマホを持つ成人の割合を調査した結果、韓国がトップの94%だった。残りの6%は、ほとんどが高齢者で、彼のように20代で持たないのは非常に珍しい。

彼はパソコンも処分した。余暇時間は本を読むしかない。1日2時間の読書タイムを設け、ドストエフスキーやトルストイなど古典文学を読み漁っている。スマホ依存だった頃に比べると、勉強もはかどっている。試験に合格しても、このまま文章に執着する活字中毒者でいたいという。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本企業、韓国で商機探る 中小企業商談会開催(09/21)

製薬・バイオの研究開発費に会計処理指針(09/21)

サムスン医療機器事業、ニプロに一部売却か(09/21)

ソフトバンク、中国企業向けファンド設立(09/21)

韓国の中小製造業、生産拠点は中国より越(09/21)

現代自がスイス社に出資、AR車載を開発(09/21)

欧州に水素燃料電池トラック1千台、現代自(09/21)

光州市の自動車工場新設、労組が反発(09/21)

ヤンゴン―ダラ橋、12月に着工目指す(09/21)

現代重持ち株会社、中国ロボット市場攻略へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン