続落、本土不動産銘柄が軟調=香港株式

26日の香港株式市場は続落して終了した。米中通商への懸念が再び高まり、市場に不安が広がった。中国本土の不動産銘柄のほか、IT大手の騰訊(テンセント)など主力銘柄がさえなかった。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前日比79.99ポ…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港政府が企業支援強化へ 貿易摩擦、投資意欲の後退懸念も(09/20)

ITなどで失業率改善、強い消費が背景(09/20)

ベトナム航空、機内販売で香港企業と提携(09/20)

企業の法令順守の難易度、香港は29位(09/20)

ファッション感覚のカラコン、シードが発売(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

8月の訪日香港人0.7%増、災害報道響く(09/20)

【訃報】鳥羽雄一氏(元日本カーボン社長)ほか(09/20)

中秋・国慶節の出入境者、1483万人の予想(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン