国内パソコン相次ぐ撤退、海外勢台頭

【共同】「ダイナブック」ブランドで知られ世界シェア首位だった東芝のパソコン事業が約40億円でシャープに売却されることになった。かつて世界で存在感のあった日本の主要メーカーは海外勢に押され撤退が相次いだ。ただ国内市場は法人向けを中心に持ち直しつつあり、シャープは親…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:短文投稿サイト「ツイッ…(11/13)

【予定】13日 安倍首相がペンス米副大統領と会談ほか(11/13)

多様化が進む越の訪日市場 観光客の増加率、ASEAN最大(11/13)

群馬県、切り花輸出狙い花博へ 知事もPR、アジサイなど高評価(11/13)

高技能人材が現地生産の強み 岡本工作機械、3カ国ですみ分け(11/13)

【人事】船場社長に八嶋大輔氏ほか(11/13)

【この人に聞く】コールドチェーン事業本格化 DUNEX、足元固めじわり拡充(11/13)

日豪、防衛関係を強化 安倍首相来豪で合意へ(11/13)

青森フードフェア、3自治体が初開催(11/13)

【訃報】小泉勝氏(元日本電設工業副社長)(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン