• 印刷する

テイクオフ:「神父さんがカソック(…

「神父さんがカソック(立襟の祭服)の裏に銃を吊す」という、まるで漫画や映画のような話が、フィリピンでは現実になっているらしい。

国家警察(PNP)はこのほど、2017年6月~18年6月の1年間で、神父を含む聖職者からの銃の携帯許可の申請が200件以上あったと明らかにした。現地紙では「銃を持つということは暴力に暴力で返すということ」という批判も見られた。当地で医師や聖職者、会計士に銃の携帯を認める改正銃規制法が成立したのは5年前。「職務上、差し迫った危険にさらされる」職業と認められたためだが、宗教上は微妙な問題をはらんでいるらしい。

身近でも「聖書の精神に反する」と厳しい見方をする人がちらほら。言葉や論理が通じない相手もいるし、死んだらおしまいでは、と思うのは信心がないためか。信仰の示し方、暴力との向き合い方の難しさを思った。(あ)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クオリティーはさておき…(09/25)

三菱の住宅合弁が販売拡大へ 5年で1千億円超、地方も(09/25)

イートン、マカティで複合開発(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

ADB、21年までに78億米ドルを融資(09/25)

OFW渡航者数、昨年は200万人割れ(09/25)

法人税減税も歳入への影響限定的、フィッチ(09/25)

石油貿易、上半期の赤字33%増の6400億円(09/25)

カビテ州空港計画、政府は「一定の距離感」(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン