• 印刷する

テイクオフ:現在話題のヘアドネーシ…

現在話題のヘアドネーション。必要な人々にウィッグを作るため髪を寄付するというもので、香港では寄付を受け付ける団体が2年前まであったが、現在はなくなり、髪を寄付したければ自ら海外の団体へ郵送しなければならない。

そこで、休暇で東京を訪れた際にヘアドネーションをしてみた。日本には関連の特定非営利活動(NPO)法人があり、彼らに賛同するサロンに向かった。髪を8年間染めていないが、31センチメートルという寄付の最低条件をクリアできるかどうか、若干不安な気持ちだ。

シャンプーの前に、寄付する分の髪を切ってもらう。担当スタイリストが髪を4本の毛束で分け、ゴムで結んだら、きっぱりとカット。35センチで無事にノルマをクリアした。4年間頑張って伸ばした髪の記念写真を取りながら、「今夜のドライヤーは久しぶりに早く済む」とうれしく思った。(伊)


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

利豊、サプライチェーンで中国離れ加速(03/22)

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

長和系3社の18年本決算、CKIは2%増益(03/22)

2月のCPI上昇率、2.1%に鈍化(03/22)

ヘンダーソンの李兆基氏、5月会長退任へ(03/22)

ヘンダーソン、今年は住宅1900戸発売(03/22)

民間住宅の空室率、5年ぶり4%台に(03/22)

テンセントの18年決算、純利益は10%増(03/22)

TVBが上場来初の赤字、本業は堅調(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン