• 印刷する

テイクオフ:現在話題のヘアドネーシ…

現在話題のヘアドネーション。必要な人々にウィッグを作るため髪を寄付するというもので、香港では寄付を受け付ける団体が2年前まであったが、現在はなくなり、髪を寄付したければ自ら海外の団体へ郵送しなければならない。

そこで、休暇で東京を訪れた際にヘアドネーションをしてみた。日本には関連の特定非営利活動(NPO)法人があり、彼らに賛同するサロンに向かった。髪を8年間染めていないが、31センチメートルという寄付の最低条件をクリアできるかどうか、若干不安な気持ちだ。

シャンプーの前に、寄付する分の髪を切ってもらう。担当スタイリストが髪を4本の毛束で分け、ゴムで結んだら、きっぱりとカット。35センチで無事にノルマをクリアした。4年間頑張って伸ばした髪の記念写真を取りながら、「今夜のドライヤーは久しぶりに早く済む」とうれしく思った。(伊)


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

涼茶の鴻福堂、中国の全店閉鎖で撤退(00:14)

中国各地から高鉄で香港へ 国慶節、乗車券売り切れ相次ぐ(09/21)

高鉄開通でキャセイに打撃、路線網に影響も(09/21)

出境手続き前に顔認証のeゲート、香港空港(09/21)

香港―マカオの越境タクシー、100台運用へ(09/21)

美団点評が香港上場、今年2番目の調達規模(09/21)

3香港、高速鉄道香港区間で通信網構築完了(09/21)

3日続伸、米経済を好感=香港株式(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

預金金利引き上げ加速、Pレート上昇間近か(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン