• 印刷する

テイクオフ:現在話題のヘアドネーシ…

現在話題のヘアドネーション。必要な人々にウィッグを作るため髪を寄付するというもので、香港では寄付を受け付ける団体が2年前まであったが、現在はなくなり、髪を寄付したければ自ら海外の団体へ郵送しなければならない。

そこで、休暇で東京を訪れた際にヘアドネーションをしてみた。日本には関連の特定非営利活動(NPO)法人があり、彼らに賛同するサロンに向かった。髪を8年間染めていないが、31センチメートルという寄付の最低条件をクリアできるかどうか、若干不安な気持ちだ。

シャンプーの前に、寄付する分の髪を切ってもらう。担当スタイリストが髪を4本の毛束で分け、ゴムで結んだら、きっぱりとカット。35センチで無事にノルマをクリアした。4年間頑張って伸ばした髪の記念写真を取りながら、「今夜のドライヤーは久しぶりに早く済む」とうれしく思った。(伊)


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

双十一で高まる越境EC需要 香港が首位、販促活動の動きも(11/13)

ヤンゴン、東部のドライポートが開業(11/13)

フォングループ、貿易摩擦逆手に商機模索(11/13)

米中貿易戦、サプライチェーン再編を促進(11/13)

香港と英国、FTA視野に交渉=英高官(11/13)

船舶燃油ストレーツ、香港同業の株式取得(11/13)

日系イベント情報(11月1回目)(11/13)

徳島県が観光PR、来月から季節定期便も(11/13)

18年のマカオ旅行者、7%増と予測=観光局(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン