米中摩擦が日本企業に影、生産や調達見直し

【共同】米国と中国の貿易摩擦が日本企業にも影を落としている。両国は互いに制裁関税を7月6日に発動する構えで、日本企業は対象品目を精査。米中が絡む生産や調達の体制を見直す動きも一部で出始めた。輸出や投資が停滞することへの懸念から、建設機械や海運といった業種の株価…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:女子テニスの年間成績上…(10/23)

90%を「つながる車」、日産連合が22年までに(10/23)

若年の失業率、7%に近づく 大卒の就職難続き強まる海外志向(10/23)

台鉄事故原因はスピード超過 調査委発表、列車運行は部分再開(10/23)

石油・ガス業界向けコンサル強化 横河電機傘下KBC、新ハブ設立(10/23)

納豆ブーム、粘り強く拡大 訪日旅行と健康志向が後押し(10/23)

東急建設、ヤンゴン―マンダレー線で受注(10/23)

オッポ、高価格帯新スマホを日本で発売(10/23)

企業の報奨旅行、インドで盛況 旅行会社は訪日誘致に熱戦(10/23)

スズキ、22年に輸出840億円 四輪・二輪ともに国内の体制強化(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン