居住者の源泉税を廃止、7月1日から

ミャンマー計画・財務省 (MOPF)は20日、源泉徴収税に関する通知を更新した。7月1日から居住者が物品購入やサービス支払い時に課される2%の源泉徴収税を廃止する。ミャンマー・タイムズ(電子版)が21日伝えた。

居住者は貸付金利息の源泉税も免除される。個人以外では、中小企業も2%の源泉税を免除される。一方、非居住者は源泉税2.5%を引き続き支払うほか、貸付金利息にも15%の源泉税が課される。

国家機関や国営企業による物品の購入やサービス提供については、依然として2%の源泉税の対象となる。

免許や商標、特許のロイヤルティーには居住者で10%、非居住者で15%の源泉徴収税が課せられる。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン市街地、建物の耐震調査を推進(07/20)

ミャンマー英雄を追悼、アウン・サン将軍の命日(07/20)

エアバガンとエーペックス航空が免許取消(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

不動産需要が増加、教育部門の外資開放で(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

私立学校の新キャンパス、投資委が認可(07/20)

豪上場のマレー企業、不動産サイトに出資(07/20)

中部の国有ホテル、民間企業の運営権を剥奪(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン