• 印刷する

三菱ケミカル、地場社の塩ビ事業買収で合意

三菱ケミカルは21日、インドのヴェルセット・プラスト・エクストルージョンズの塩化ビニール樹脂(PVC)コンパウンド事業を買収すると発表した。今秋をめどに引き渡しを受ける。買収額は非公開。

PVCコンパウンドは機能性樹脂の一つで、ヴェルセットは輸液バッグやチューブなどに使用される医療用PCVコンパウンドに強みを持つ。インドでは最大のシェアを持ち、東南アジアへも一部輸出をしている。西部の連邦直轄地ダドラ・ナガルハベリのシルバッサに工場を置く。

三菱ケミカルはインドでコンパウンド事業を展開しているが主に自動車向けで、医療用のPVCコンパウンド事業に参入することになる。同社は世界16カ国の26カ所に機能性樹脂の生産拠点を持ち、インドではグループ会社が西部ラジャスタン州ニムラナで操業する工場で生産している。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの人たちは何かと…(09/26)

日系のヘルステック投資加速 医療ギャップ解消へ大きな需要(09/26)

南部の車工場で複数スト、大手労組が支援(09/26)

GM、インド最後の工場をJSWに売却か(09/26)

独VW、プネに印3カ所目の配送センター(09/26)

ホンダ二輪、インドからの輸出200万台突破(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

中国電動バイクの新日、インド工場設置へ(09/26)

【人事】三栄建築設計副社長に吉野満氏ほか(09/26)

鉄鋼タタ、ウシャマーティンと供給契約(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン