三菱ケミカル、地場社の塩ビ事業買収で合意

三菱ケミカルは21日、インドのヴェルセット・プラスト・エクストルージョンズの塩化ビニール樹脂(PVC)コンパウンド事業を買収すると発表した。今秋をめどに引き渡しを受ける。買収額は非公開。

PVCコンパウンドは機能性樹脂の一つで、ヴェルセットは輸液バッグやチューブなどに使用される医療用PCVコンパウンドに強みを持つ。インドでは最大のシェアを持ち、東南アジアへも一部輸出をしている。西部の連邦直轄地ダドラ・ナガルハベリのシルバッサに工場を置く。

三菱ケミカルはインドでコンパウンド事業を展開しているが主に自動車向けで、医療用のPVCコンパウンド事業に参入することになる。同社は世界16カ国の26カ所に機能性樹脂の生産拠点を持ち、インドではグループ会社が西部ラジャスタン州ニムラナで操業する工場で生産している。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 化学・石化金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

スズキ、カーケアの販売強化 全国の販売店でブランディング(07/20)

HTC、インド地区幹部が相次ぎ退職か(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

BMWがインド産バイク発売、50万円から(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

二輪車の輸出先、バングラが首位に(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

マヒンドラの小型SUV、来年頭に発売へ(07/20)

国鉄の線路敷設、昨年度は3割減(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン