テイクオフ:日本で、公立学校の教員…

日本で、公立学校の教員の長い勤務時間が問題となっている。授業の準備や採点のほか、部活などの課外活動の仕事もあり、教員の帰宅は毎日必然的に夜遅くなるという。

昨年末に日本に一時帰国した際、地元中学校で教頭先生をしている、やや年の離れた従兄弟に十数年ぶりに会った。彼によると、教頭先生なのに「皆が残っているので帰りにくくて、帰宅はいつも午後十時以降だね……」と、いかにも日本人的なことを言っていた。全国各地で、状況は同じなのだろう。

さて最近、ニューカッスルの公立中学校で教師をしているオージー夫婦と知り合った。彼らによると、2人とも毎日午後3時には帰宅するという。パート教員なの?と思わず聞いてしまったが、れっきとしたフルタイムの教師。オーストラリアの学校である限り、どこでも似たようなものらしい。さて、何をか言わんや。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーのバスの車内で…(07/20)

海外旅行者支出、6%超増 中国人が全体けん引(07/20)

豪人口増が「二速化」、SA首相が懸念(07/20)

豪6月の失業率、横ばいの5.4%(07/20)

豪の税基盤が縮小の恐れ、消費税収減少で(07/20)

豪上場のマレー企業、不動産サイトに出資(07/20)

豪LNG輸出量6千万トン、18%強増加(07/20)

中国向け豪リチウム価、2四半期連続で下落(07/20)

石炭火電の延長、太陽光発電でリスク増加か(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン