• 印刷する

クンダル工業団地、開業1年半で41社が入居

インドネシア中ジャワ州で最大の工業団地、クンダル工業団地を運営するカワサン・インダストリ・クンダル(KIK)によると、2016年末に開業した同工業団地の入居企業数は5月末時点で41社に上った。うち1社が日系企業だが、企業名は公表していない。

20日付ビスニス・インドネシアによると、クンダル工業団地のバスリ取締役は、生産を既に開始しているのは、シンガポールの家具製造タット・ワイ・エンタープライズの子会社タット・ワイ・インダストリーズ・クンダルや、マレーシアの木材販売APPティンバーなど5社と説明した。このほか家具や飲食品、食品包装、玩具など約40社が工場建設の準備を進めている。

ビスニス紙は入居企業数を80社と報じたが、KIK幹部は「契約が完了しているものについてはまだそこまでには達しておらず、5月末時点で41社だ」と述べた。

クンダル工業団地は地元デベロッパーのジャバベカとシンガポールの政府系複合企業セムコープ・インダストリーズが共同開発した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、今年の目標乗客数は15%増(15:01)

BRI、国内初のサステナビリティ債を発行(17:11)

国内初の風力発電所、設備容量を増強へ(13:18)

テイクオフ:道の真ん中や商業施設の…(03/26)

【この人に聞く】YKKAP、品質と価格両立 新社長、ジャワ島外に販路拡大へ(03/26)

首都州議会、MRTとLRTの運賃決定(03/26)

配車アプリ二輪タクシー、運賃が決定(03/26)

MRT駅にアルファマートやローソン開店へ(03/26)

バンドン高速鉄道、土地買収94%完了(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン