• 印刷する

テイクオフ:クルーズ船でニューカレ…

クルーズ船でニューカレドニアとバヌアツを観光で訪れた。日本ではクルーズ船はセレブの娯楽というイメージだが、オーストラリアでは一般的で、今回10日間でバルコニー付きの上位ランクの部屋を予約したが、価格は一人2,000豪ドル弱(約16万円)とお手ごろ。

現地ツアーやエステなどを除けばプールやレストラン、映画館やショー、ジムやヨガレッスンなどほとんどの施設は無料で利用でき、暇を持て余すどころかスケジュール調整が難しいほど充実しており、楽園のようだった。

ひとつ気になったのが、乗客の異様な肥満率。聞くと、クルーズ船のリピート回数と肥満度が明らかに比例していたように思える。船内の食事は期待以上のクオリティーで、おかわりも自由なため、こちらも3食デザート付きの暴挙に出てしまった。楽園かと思っていたそこは実は高級養豚場だったのかもしれない。(松子)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

来年発売の日産リーフ、豪で新たな電力源に(16:26)

豪産大麦にAD調査、商務省が開始(20:28)

豪の住宅サイズ、22年ぶり低水準に縮小(16:26)

テイクオフ:地元学校に通う生徒のイ…(11/19)

APECで初、首脳宣言なし 米中対立による調整難航で(11/19)

〔政治スポットライト〕日豪首相、ダーウィンで首脳会談開催(11/19)

インペックス、中国のNT投資動向に懸念(11/19)

中国企業に公平な環境を、李首相が豪に要請(11/19)

QLD議会、既存鉱山除外のリハビリ法可決(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン