• 印刷する

テイクオフ:クルーズ船でニューカレ…

クルーズ船でニューカレドニアとバヌアツを観光で訪れた。日本ではクルーズ船はセレブの娯楽というイメージだが、オーストラリアでは一般的で、今回10日間でバルコニー付きの上位ランクの部屋を予約したが、価格は一人2,000豪ドル弱(約16万円)とお手ごろ。

現地ツアーやエステなどを除けばプールやレストラン、映画館やショー、ジムやヨガレッスンなどほとんどの施設は無料で利用でき、暇を持て余すどころかスケジュール調整が難しいほど充実しており、楽園のようだった。

ひとつ気になったのが、乗客の異様な肥満率。聞くと、クルーズ船のリピート回数と肥満度が明らかに比例していたように思える。船内の食事は期待以上のクオリティーで、おかわりも自由なため、こちらも3食デザート付きの暴挙に出てしまった。楽園かと思っていたそこは実は高級養豚場だったのかもしれない。(松子)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーのパパ友と立ち…(03/19)

豪オンライン広告、2桁大幅増 ただし大手企業は縮小(03/19)

王立委の金融規範提言、不透明で業界混乱(03/19)

TPPコメ、予定の半分に=18年度豪州産(03/19)

政府減税案、120億$規模ですべき=専門家(03/19)

豪GDP低成長、国内で経済評価の意見二分(03/19)

〔政治スポットライト〕NSW選挙、与党は医療・教育の拡充公約(03/19)

豪企業、中国新投資法の影響を検討(03/19)

英ソーラーファーム建設企、豪で事業拡大へ(03/19)

35年までに完全再生エネに=ソフト企CEO(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン