〔オセアニアン事件簿〕発がん性物質の調査、豪各地で実施

オーストラリアの土壌に発がん性がある残留性有機汚染物質があるかどうかの調査が始まった。消防署やオーストラリア空軍(RAAF)基地、空港など全国90カ所で水溶性フィルムフォーム消火器に含まれる過フッ素化合物、パー及びポリフルオロアルキル物質(PFAS)の残留物調査…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

労組合併の無効要請、資源業界団体が敗訴(16:35)

豪の投資先ランク下落、政策の不透明感受け(16:35)

〔政治スポットライト〕労働党、職場関連や環境政策見直しなど公約(16:35)

テイクオフ:自宅の台所から大きな物…(12/17)

大企業34%、法人税支払いなし 全法人税徴税額も18億$足りず(12/17)

豪の税収、世界的に低水準も法人税に依存(12/17)

〔政治スポットライト〕首相、エルサレム首都認定も大使館は別(12/17)

INPEX、イクシスLNG権益66%に増加(12/17)

エクソンとBHP、バス海峡でガス田開発へ(12/17)

アイロム、SA州で治療施設支援事業を開始(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン