〔オセアニアン事件簿〕発がん性物質の調査、豪各地で実施

オーストラリアの土壌に発がん性がある残留性有機汚染物質があるかどうかの調査が始まった。消防署やオーストラリア空軍(RAAF)基地、空港など全国90カ所で水溶性フィルムフォーム消火器に含まれる過フッ素化合物、パー及びポリフルオロアルキル物質(PFAS)の残留物調査…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅から40分ほど車を…(08/17)

豪7月失業率、6年来で最低 フルタイム雇用拡大が貢献(08/17)

豪政府事業の入札、納税記録の提出義務付け(08/17)

新エネ政策、支持保留の州政府間で意見分裂(08/17)

英BP、豪で太陽光発電やEV充電事業計画(08/17)

SA州に太陽光発電所、リバティ会長が計画(08/17)

豪資源の自動化、30年までに実現=日立建機(08/17)

〔ポッサムのつぶやき〕巨大動物の化石を3Dに、BHPが協力(08/17)

VIC労働党、豪最大の公共交通開発を公約(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン