テイクオフ:普段からよく使っている…

普段からよく使っている地図アプリに「百度地図」がある。先日バンコクを訪れた際、「これはタイでも使えるのだろうか」とふと思い、試しに開いてみた。すると、普通に起動し、現在地も的確に表示された。地名は基本的に簡体字で表記されている。

百度地図は現在地から目的地までの所要時間が交通手段ごとにきめ細かく表示されるので重宝しているのだが、「さすがに海外でそこまでは無理だろう」と思いつつ、試してみると、なんと所要時間も出てくるではないか。

中国では近年、海外旅行が人気だ。海外旅行が人気だから、このようなサービスが生まれたのか、このようなサービスができたことが海外人気を後押ししたのか、「卵が先か鶏が先か」はよく分からないが、外国語になじみが薄いであろう年配の利用者には「かゆいところに手が届く」サービスと言えそうだ。(川)


関連国・地域: 中国-全国タイ
関連業種: IT・通信観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

GDP当たりエネ消費、17年は3.7%減(07/20)

テイクオフ:ちょっとした旅をしよう…(07/20)

ハイアール、32%成長狙う ミドルハイ商品さらに強化(07/20)

電力取引の自由化を加速へ 石炭など4業種、全面開放(07/20)

宝飾の六福、4~6月は既存店22%増収(07/20)

商務省が正当性主張、米鉄鋼関税への報復(07/20)

海外旅行者支出、6%超増 中国人が全体けん引(07/20)

中国との租税条約、投資拡大を期待(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

中国、協議停滞で反論=米高官の習氏批判に(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン