• 印刷する

ポスコ、タタスチールとめっき鋼板で協力

13日にオランダで締結式を開いた(ポスコ提供)

13日にオランダで締結式を開いた(ポスコ提供)

韓国鉄鋼大手のポスコは15日、インドの鉄鋼大手タタ・スチール傘下のタタ・スチール欧州と車や建材に使うめっき鋼板で技術協力する契約を締結したと発表した。両社のノウハウを合わせて、世界の自動車市場を開拓する狙い。

ポスコは「PVD(物理蒸着)」と呼ばれる手法を用いて、真空状態で金属蒸気を鋼板表面に高速でめっきする技術を持つ。生産過程で排出される二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)などが大幅に低減できるという。タタ・スチールの耐腐食性に優れためっき鋼板技術と組み合わせて、耐久性の向上や生産コスト削減などにつなげる。


関連国・地域: 韓国インド欧州
関連業種: 鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン電子、中国天津でのスマホ生産停止(12:07)

テイクオフ:ここで写真を撮らないで…(12/13)

現代自、燃料電池事業に拍車 7千億円超を投資、世界トップ狙う(12/13)

大型SUV「パリセード」発売、現代自(12/13)

短期カーリース、19年から大企業に制約(12/13)

チュオンハイ、起亜「セラト」の新型発売(12/13)

現代自がHVを来年投入、価格300万円超(12/13)

韓国SKマジック、浄水器レンタルに参入(12/13)

11月失業率3.2%、前年同月比0.1P悪化(12/13)

韓国CEO7割、「景気は長期型不況」(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン