14日指数は反落、海外株安でリスク回避強まる

14日の台湾株式市場で加権指数は反落。終値は前日比159.23ポイント(1.43%)下落し11,013.98ポイント、売買代金は1,641億5,000万台湾元(約6,040億円)だった。 現地時間13日、連邦公開市場委員会(FOMC)が今年2回目の利上げを決定。金利上昇への懸念から米株式市場が下落…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

不買運動で中国業績10%減、美食達人董事長(18:01)

テイクオフ:映画「我的少女時代(邦…(08/21)

輸出受注額が再びプラスに 7月は8%増、貿易摩擦影響せず(08/21)

環旭電、ポーランドEMS会社の株式60%取得(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

聯発科技、厦門のIC工業団地が始動(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

元太、上海バス停に電子ペーパーディスプレー(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

量子ドット材料の優美、中科に7千万元投資(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン