DICが液晶の技術拠点開設 解像度など分析、トレンドに対応

インキ世界最大手のDIC(東京都中央区)は、韓国にTFT(薄膜トランジスタ)液晶の解析・評価を行う技術拠点「ファインケミカル技術センター韓国」を開設したと発表した。解像度や輝度、色域などの拡大などについて解析し、新製品の開発につなげる。サムスン電子やLG電子な…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

市況に回復の兆し、現代自の10月販売1割増(16:00)

自動でADASなど検証、現代・起亜が開発(13:31)

テイクオフ:韓国は今、男女の間で性…(11/21)

韓国免税店で日系コスメ堅調 中国客など、スキンケア需要拡大(11/21)

中堅企業の投資額、来年は31.2兆Wの見込み(11/21)

「週52時間制」への準備を、JACセミナー(11/21)

KTがUAEでスマート農業、海外初進出(11/21)

SKB、世界初の8K映像転送技術を開発(11/21)

日本で両替なし簡単決済、カカオが来年開始(11/21)

サムスンバイオの第4工場、着工の白紙化も(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン