テイクオフ:自宅近くの屋台村は、毎…

自宅近くの屋台村は、毎晩多くの地元民や欧米人でにぎわっている。毎朝この道を通ると、大量の残飯とビール瓶、プラスチック容器などが屋台村一体に散乱しているが、特に多いのがプラスチック容器だ。

それらを踏まないように、そしてそこに群がる野良犬、ゴキブリ、ハトの大群をよけながら歩くのは安易ではない。観察を続けるうちに、ゴミ箱の数が屋台の数に比べ圧倒的に少ないことが分かった。

タイでは今、多くの企業がプラスチック容器の削減に取り組んでいる。今月5日の世界環境デーには、タイ政府と民間企業20社以上が2027年までにプラスチックごみを半減することで合意した。しかし、市民レベルにはその意識はまだまだ浸透していないようだ。屋台など、市民の生活に一番密着している場所から、政府主導でゴミ問題に取り組むべきだと感じる。(齋)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2階の屋根部分の骨組み…(06/21)

販路拡大、東南ア展開を探る ものづくり商談会、164社が出展(06/21)

東海光学、地場TOGと眼鏡レンズ生産(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

セイコー、高級腕時計の販売を加速(06/21)

コマツ、新システムなど提供でシェア維持へ(06/21)

TTC、ベンツ認定の塗装センターを開業(06/21)

タイ医薬品傘下の配送会社、ヤンゴンに拠点(06/21)

ホンダ、新型HR―Vを7月8日発売(06/21)

タイ在住の出稼ぎ労働者、42万人の登録完了(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン