公開入札義務の対象範囲を縮小、民活後押し

中国国家発展改革委員会(発改委)は12日、大型インフラ整備をはじめとする公共事業の発注で、公開入札を義務付ける対象を従来の12分野から5分野へと縮小したと発表した。民間投資の多い分野を対象から除外し、民間活力のさらなる活用を目指す。 発改委が2000年に定めた旧規定は…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産運輸観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

17年GDPを下方修正、成長率6.8%に(14:03)

阿里雲、空港にデータ可視化サービス提供(14:01)

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

中小企業の苦境続く 4Q指数、景況判断の100割込む(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン