• 印刷する

起亜自、テンセントと車載端末を開発

韓国の起亜自動車は13日、中国のIT大手、騰訊(テンセント)が展開する音楽配信サービス「QQ音楽」を搭載した車載インフォテインメントを開発したと発表した。2019年の中国向けモデルに採用する。

中国の家電IT(情報技術)見本市「コンシューマー・エレトロニクス・ショー(CES)アジア」で公開した。音声認識アシスタントを使ったストリーミングによる音楽サービスが利用できる。例えば、ドライバーが「眠い」と話しかけると、アップテンポの曲を選曲し、自動で窓やサンルーフを開ける機能などがあるという。

起亜自は17年にも、インターネット検索中国最大手の百度(バイドゥ)と協業で対話型の音声認識サービス「度秘OSオート」を開発している。中国のIT大手との協力を加速させて、スマートフォン世代のニーズを取り込む考えだ。


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夏休みを利用して江原道…(08/16)

韓中の雑貨店が店舗網拡大 ムムソの偽装表示、政府が調査へ(08/16)

中韓の産業競合度高まる お得意様からライバルへ(08/16)

南北首脳会談、9月平壌にて開催で合意(08/16)

韓国の車部品オリエント、売上倍増の見込み(08/16)

7月の輸入物価指数、12.2%上昇(08/16)

AIなど戦略分野に5年で10兆W投資=政府(08/16)

サムスンが初の新薬臨床、武田薬品と協力(08/16)

韓国系半導体SFA、生産品目シフトで減益(08/16)

新韓金融グループ、ING生命の買収へ(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン