1~5月の船舶受注68%増、中韓の競争過熱

海運・造船専門調査会社の英クラークソンによると、2018年1~5月の韓国企業による受注は410万CGT(標準貨物船換算トン数)で前年同期比68%増加した。世界の発注量の40%を受注し、中国(359万CGT)を押さえトップとなった。韓国と中国のコスト競争が依然として、続いてい…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 製造一般運輸・倉庫社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:済州島が梅雨入りした。…(06/20)

米中貿易戦争、韓国に波紋 中間財の輸出が減少(06/20)

5月の輸入物価指数、8.1%上昇(06/20)

韓国の景気先行指数、5年ぶりの低さに(06/20)

鉄道や経済特区、政府が南北経済協力構想(06/20)

5G周波数帯、通信大手3社に割り当て(06/20)

SKT、ノキアと5G単独データ送信に成功(06/20)

サムスン電子の納税額15兆ウォン、韓国8割(06/20)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(321)(06/20)

韓国人が最も使うSNS、フェイスブック(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン