• 印刷する

経産省、タイ工業省とスマート保安で協力

覚書署名に立ち会った世耕経済産業相(右から2人目)やウッタマ工業相(同3人目)=東京(経済産業省提供)

覚書署名に立ち会った世耕経済産業相(右から2人目)やウッタマ工業相(同3人目)=東京(経済産業省提供)

日本の経済産業省とタイ工業省は11日、タイでの産業保安のスマート化制度の強化について、3年間の協力覚書を交わした。日本のスマート保安技術を通じ、タイ政府による産業の高度化政策「タイランド4.0」の実現を後押しする。

覚書には、政策対話の開催や、専門家派遣、受け入れ研修の実施などで協力することなどが盛り込まれた。

日本が進める、モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)などの発達を支援する戦略「コネクテッドインダストリーズ」のコンセプトを活用する。タイのプラントなどでデータ取得や分析などを促進し、産業分野の安全性や効率性の向上につなげる。

経済産業省の担当者によると、第1回目の政策対話は9月下旬にも開催される。2019年の2月をめどに、タイから派遣される専門家などに、受け入れ研修を実施する予定だという。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

三菱電機、18年度8%増収へ 省エネエアコン強化で首位固め(01/18)

物流ギオン、海外初拠点を開設(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

タイ国鉄、複線化事業に向け1900人増員(01/18)

ビルダースマート、建材7割で年商34億円へ(01/18)

不動産ライモン、不妊治療サービスに参入(01/18)

タイEC市場、今年は11兆円規模=ETDA(01/18)

セントラル小売部門、EC販売を2倍に(01/18)

セブンイレブン、社会保険の加入手続き代行(01/18)

18年1~11月の宝飾品輸出7%減、金が不調(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン