• 印刷する

香港進出の小売りブランド、昨年は世界最多

米系不動産サービス会社CBREによると、2017年に香港に進出した国際的な小売りブランドは86ブランドで、世界の主要123都市で最多となった。最多は3年連続。香港経済日報が伝えた。

昨年香港に進出した小売りブランドにはファーストリテイリング傘下の低価格衣料品店「ジーユー(GU)」や、フランスの女性用水着「エレス(Eres)」などが含まれていた。

CBREは「香港の小売市場は成熟しており、(進出は)アジア太平洋地域での知名度の向上や影響力の拡大に有効な手段」と分析。地の利もあるため、中国本土への進出の足掛かりになる側面もあると指摘した。

香港のほか、都市別に見た小売りブランドの進出数は◇アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイ:59ブランド◇台湾・台北:52ブランド◇英ロンドン:49ブランド◇東京:46ブランド――だった。

小売りブランドの進出先のうち、欧州は全体の41%を占めた。アジアは36%と欧州に比べ少なかったが、CBREは「経済成長に対する期待や運営コストの利点などから、アジアが重要な投資先であるという各社の見方に変わりはない」と強調した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 繊維小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中華圏のコンサートツア…(01/22)

住宅下落継続も好転の兆し 一定幅値下がりで春に底打ちか(01/22)

週末住宅取引、新築は10カ月ぶり多さ(01/22)

上環のオフィス、スタートアップに人気(01/22)

日系イベント情報(1月2回目)(01/22)

大湾区が小売企業の商機に、利豊研究センター(01/22)

外食の太興、香港・本土に100店新設へ(01/22)

JR西日本と日本旅行、地場GOQUOに出資(01/22)

華潤電力、大湾区の新エネ事業に投資へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン