• 印刷する

人材HRネット、上海の同業買収で最終合意

シンガポールの人材サービス会社HRネットグループは9日、中国・上海の同業買収で最終合意したと発表した。

同社は1月、REフォース(上海)ヒューマン・リソーシズ・マネジメント・コンサルティングの株式51%を取得することで基本合意したと明らかにしていた。取得額は、2017年、18年、19年のREフォースの純利益に基づいて決定する。

REフォースは3年前に設立され、上海、北京、広州、蘇州の4都市で管理職の人材紹介サービスを展開。従業員数は68人。HRネットは同社買収で、蘇州に進出。事業展開する都市は世界12カ所に拡大する。

REフォースの経営は、残りの株式49%を共同で保有する同社経営陣が引き続き担う。

HRネットは昨年6月にシンガポール取引所(SGX)のメインボード(1部)に上場。7月には、技術者の派遣業務などを手掛けるテクノプロ・ホールディングス(東京都港区)と資本業務提携を結び、テクノプロが21億7,600万円でHRネットの株式の約3%を取得していた。


関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

機械用のフィットビット提供 地場オーク、産業用IoTを展開(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

タダノ、海外向け部品供給センター設立(10/19)

車両購入権の割り当て、11~1月は9%増(10/19)

政府、セントーサ島とブラニ島を再開発へ(10/19)

OKウェイヴ、ブロックチェーン関連で受注(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

スターハブ、プリペイド携帯で通話かけ放題に(10/19)

フラトンホテル、シドニーに海外1号店(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン