• 印刷する

テイクオフ:「ハストさん、数カ月前…

「ハストさん、数カ月前に国会第3委員会に持ち込まれたチパガンティ事件は、いまだ解決の兆しが見えません」「被害者8,700人、被害総額は3兆2,000億ルピア(約250億円)」「どうかお力添えを」――知らない人から、スマホにメッセージ10件が立て続けに送られてきた。

どう対処したものか。相手はメッセンジャーアプリ「ワッツアップ」で送信しているので、私の電話番号を知っているはず。新手の詐欺であれば、無視した方が無難だ。既読スルーに業を煮やしたのか、相手は画像ファイルも送ってきた。ウイルスなのでは? 不安が募る。

チパガンティ協同組合の顧客資金が不正流用された詐欺か横領事件に絡む話のようだ。私が間違われたハスト氏は、どれほどの権力の持ち主なのだろう。妄想が膨らみ切ったところで、スマホの電源が突然切れた。背筋が凍る幕引きだった。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアにいま、7…(08/15)

【自動車特集】購入「価格」「燃費」を重視 新車選び、LCGC人気再浮上(08/15)

4~6月の海外直接投資、前年同期比13%減(08/15)

トルコリラ暴落対策、経常赤字の縮小求める(08/15)

為替が1万4600ルピア台に、株価は続落(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

住宅金融支援機構、第二次抵当公社と覚書(08/15)

物流アラ、ジャカルタに初の海外事務所設立(08/15)

トヨタ、オートショーで6千台を成約(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン