• 印刷する

テイクオフ:オフィスが入るビルには…

オフィスが入るビルには喫煙所がないため、近所のビルの喫煙コーナーを利用している。そのビルは、ロビーの造りからして明らかにうちのオフィスが入るビルよりグレードは高い。

喫煙コーナーでは、中国語を話す人をよくみかける。Tシャツにジーンズとラフな格好で、ITかビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業の関係者と思っていた。しかし、現地不動産サービス大手の人から、中国のオンラインカジノ運営企業のマニラ進出が続いており、ここマカティ市でも、派手な格好をしたディーラーの女性やラフな格好の若者が、高級なビル内を闊歩しているのを快く思っていない入居企業もあると聞いた。

中国のオンラインカジノ企業は、マニラ湾岸地域などで、値段交渉せずに入居を決めるため、賃料相場がどんどん上がっているとか。現地にとり、中国のカジノ需要は一利一害ということか。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

テイクオフ:3月末にフィリピンの夏…(04/17)

セブンイレブンが2500店突破 12%増、コンビニ業界リード(04/17)

19年度国家予算が成立、大統領は一部拒否(04/17)

20年度予算は9%増の4.1兆ペソ、政府方針(04/17)

ケソン市、認可手続き電子化で3団体と覚書(04/17)

持続可能性報告、来年から上場企業に義務化(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン