テイクオフ:オフィスが入るビルには…

オフィスが入るビルには喫煙所がないため、近所のビルの喫煙コーナーを利用している。そのビルは、ロビーの造りからして明らかにうちのオフィスが入るビルよりグレードは高い。

喫煙コーナーでは、中国語を話す人をよくみかける。Tシャツにジーンズとラフな格好で、ITかビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業の関係者と思っていた。しかし、現地不動産サービス大手の人から、中国のオンラインカジノ運営企業のマニラ進出が続いており、ここマカティ市でも、派手な格好をしたディーラーの女性やラフな格好の若者が、高級なビル内を闊歩しているのを快く思っていない入居企業もあると聞いた。

中国のオンラインカジノ企業は、マニラ湾岸地域などで、値段交渉せずに入居を決めるため、賃料相場がどんどん上がっているとか。現地にとり、中国のカジノ需要は一利一害ということか。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

小口保険料収入、1Qは23%増の18億ペソ(06/22)

デジタル競争力ランキング、比は56位に転落(06/22)

ダブルドラゴン、イロイロの賃貸工場を着工(06/22)

現マニラ空港は閉鎖も視野に トゥガデ運輸相、民間空港稼働後(06/22)

インフラ2案件の円借款通達、総額425億円(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

マカティ地下鉄計画、比中連合に優先権(06/22)

PEZAの認可額、1~4月は59%減(06/22)

地場商銀、日本で新技術の送金サービス提供(06/22)

資金洗浄防止、カジノと仮想通貨の監視強化(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン