• 印刷する

テイクオフ:「放送禁止用語でも、頻…

「放送禁止用語でも、頻繁でなければGレーティング(全年齢向け)で放送可」との判断をタイ国家放送通信委員会(NBTC)が下して、幅広い識者や一般人から批判が起こった。昨年に地上波で放送され、コールセンターに苦情があったシットコムに対する裁定だった。

タイ語で「ヒヤ」は大トカゲの意だが、スラングでは、英語の、いわゆる四文字言葉のような強い意味になり、地上波には適さない。さらに同番組では、インフォーマルな一人称の「グー」、二人称の「ムン」も頻繁に登場した。Gだと思って子どもと見ていた保護者の方は、さぞ見たことを後悔したのではないだろうか。「頻繁」をどう線引きするのか曖昧だとして、弁護士なども異を唱えた。

スラングを日常的に使う自分でも、Gで放送されるものにスラングは不適切に感じる。同委には再考を求めたい。(チ)


関連国・地域: タイ
関連業種: メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:全国からさまざまな人が…(12/11)

中小のアジア進出に一層注力 地銀と連携強化も=商工中金社長(12/11)

初の国産衛星宇宙に、日本留学の博士ら開発(12/11)

昭和電工、カラバオとのアルミ缶工場が完工(12/11)

シングポスト、域内の宅配事業にAI導入(12/11)

東京ガスなど、民間のみで初のガス配給事業(12/11)

ラチャブリ、インドネ水力発電所に出資(12/11)

PTT子会社、太陽光発電に105億円投資(12/11)

大和証券、金融オーラと業務提携を締結(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン