上場企業、1~3月は微増益 建材・テクノロジー下落で低調

タイ証券取引所(SET)上場企業の2018年1~3月期決算は、合算で売上高が前年比5.7%増の2兆8,789億バーツ(約9兆9,200億円)、純利益が0.5%増の2,881億バーツとなった。好調な観光業を背景に商業・サービス業などが業績を伸ばした一方、原油高や対米ドルのバーツ高の影響を…

関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

電子廃棄物の輸入禁止を検討、強権発動も(18:12)

テイクオフ:2階の屋根部分の骨組み…(06/21)

販路拡大、東南ア展開を探る ものづくり商談会、162社が出展(06/21)

東海光学、地場TOGと眼鏡レンズ生産(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

セイコー、高級腕時計の販売を加速(06/21)

コマツ、新システムなど提供でシェア維持へ(06/21)

TTC、ベンツ認定の塗装センターを開業(06/21)

タイ医薬品傘下の配送会社、ヤンゴンに拠点(06/21)

ホンダ、新型HR―Vを7月8日発売(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン