• 印刷する

テイクオフ:シネコンなどで上映され…

シネコンなどで上映されない世界の佳作を多く上映していたバンコク中心部の映画館「リド」が5月31日、50年の歴史に幕を閉じた。地主であるチュラロンコン大学との借地契約が切れるため閉鎖されると聞いた時は、胸にぽっかり穴が空いたような寂しさを覚えた。

リドと言えば、日本映画好きの自分にとって、日本の最新の名作を映画館で見られる唯一の場所だった。高架鉄道(BTS)駅の目の前にある上、チケットも100バーツ(約344円)と懐に優しい。新作が入ると、よく見に行っていた。映画好きが集まるためか、シネコンのように映画そっちのけで大声で話すなどのマナー違反は少なく、じっくり鑑賞できた。

最後に鑑賞したのは、「坂道のアポロン」。リドが閉鎖される悲しさと、映画の甘酸っぱさとともに、リドの最後の姿を目に焼き付けた。(エ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

NEDOが車再利用の実証 トヨタと協力、解体や制度設計で(02/15)

大型バイク販売会、カワサキは3モデル発表(02/15)

車販売マスター、5G普及見込み新事業計画(02/15)

【「スポーツ×アジア」の新時代】タイ人が日本の地方都市に注目するワケ(02/15)

デルタ、タイ関連会社の買収手続きへ(02/15)

三洋化成、帯電防止剤の生産に36億円(02/15)

家具TCM、英ブランドを米国に輸出(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

タイ国境、3月から冷凍肉・魚の輸入停止(02/15)

蛇口のオーシャン、子会社2社を設立(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン