• 印刷する

〔新政権〕国家債務の軽減へ信託基金を創設=寄付募る

マレーシアのマハティール首相は30日、国家債務の軽減に向けた信託基金「マレーシア希望基金(THM)」を創設したと発表した。国民の寄付を募って財政再建に生かす。スター電子版が伝えた。

マハティール首相はTHM設立の理由について、前政権の下で隠蔽(いんぺい)されていた国家財政の危機的状況を知った多くの国民が「貢献の意志を表明してくれたため」だと説明した。そして「愛国心からの行為を歓迎し、寛大さに感謝する」と述べ、国民に協力を訴えた。

リム・グアンエン財務相は、基金への寄付金は「規律と透明性ある運用を行う」と強調した。

THMへの寄付は、商銀最大手マラヤン・バンキング(メイバンク)への振り込みで、口座番号「566010626452」で受け付ける。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:友人がプロトンのスポー…(01/24)

ECRL継続の是非、再燃 「公約違反」との指摘に懸念も(01/24)

プロドゥア、今年の販売目標は23.1万台(01/24)

RM=26.4円、$=4.13RM(23日)(01/24)

化粧品ちふれ、イオンマレーシアで販売開始(01/24)

新国民車構想、今月中に2社まで選定(01/24)

建設ビナプリ、グマス~JB複線電化を受注(01/24)

サンウエー、域内初の温泉付き住宅を発売(01/24)

ネスレ・スキンヘルス、KLに拠点開設(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン