〔新政権〕国家債務の軽減へ信託基金を創設=寄付募る

マレーシアのマハティール首相は30日、国家債務の軽減に向けた信託基金「マレーシア希望基金(THM)」を創設したと発表した。国民の寄付を募って財政再建に生かす。スター電子版が伝えた。

マハティール首相はTHM設立の理由について、前政権の下で隠蔽(いんぺい)されていた国家財政の危機的状況を知った多くの国民が「貢献の意志を表明してくれたため」だと説明した。そして「愛国心からの行為を歓迎し、寛大さに感謝する」と述べ、国民に協力を訴えた。

リム・グアンエン財務相は、基金への寄付金は「規律と透明性ある運用を行う」と強調した。

THMへの寄付は、商銀最大手マラヤン・バンキング(メイバンク)への振り込みで、口座番号「566010626452」で受け付ける。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:こんなにも目まぐるしく…(06/19)

高速鉄道よりもマレー鉄道活用を 政府、改修案を前向き検討か(06/19)

RM=27.6円、$=3.99RM(18日)(06/19)

為替相場、一時年初来の1ドル=4リンギ台(06/19)

プロトン成長の鍵はEV開発、経済学者提言(06/19)

UEMサンライズ、RTO方式の物件拡大へ(06/19)

神栄、7月に貨物の落下試験機の製造開始(06/19)

アリババがKL事務所を開設=東南アジア初(06/19)

地場電子決済社、アジア展開で生体認証を強化(06/19)

米などのエタノールアミン、AD仮裁定(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン