• 印刷する

テイクオフ:これは日本以外のどこの…

これは日本以外のどこの国に行っても同じ感想かもしれないが、当地では天気予報があまり当てにならない。予報はスマホに入っているアプリで確認することが多いが、「明日は大雨」と知らせておきながらまったく降らないといった日がしょっちゅうある。

予報するのも簡単ではないだろうし、最初からあまり期待しなければ腹も立たないのだが、それでもこのアプリ、おかしなところで強気の予測を出してくる。「42分後に雨が降り始めます」といった予報がそれ。「夜半になり雨」とかせめて「約1時間後には」などとすればよいものを、分刻みで予測しようとする。当然ながら、これほど正確に当たるはずがない。

それでもまれに、15分ぐらいの誤差でこの短期予報の通りになる場合がある。そのときは、天気予報が当たったというよりも、なんだか占い師の予言が現実になったような気分に包まれるのが常だ。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中タイ高速鉄道、ラオス延伸へ19年入札も(01/22)

広州粤泰が物件販売強化 6億ドル収入目標、新規開発も(01/22)

テイクオフ:国家統計局が21日に発…(01/22)

EV電池、日中韓の三つ巴に 韓国勢成長も伸び率は日中に後れ(01/22)

18年の経済成長率6.6% 0.2P減速、投資・消費低迷(01/22)

中国との国境経済区、まずチンシュエホーで(01/22)

18年の鉱工業生産6.2%増、前年比0.4P縮小(01/22)

重大リスク対策強化を指示、中国主席(01/22)

工業設備稼働率、18年は76.5%に下落(01/22)

プロトン、中国合弁解消で元提携先が提訴(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン