• 印刷する

いすゞ、1~4月の小売り台数は35%増

いすゞ自動車の現地法人、いすゞアストラモーターインドネシア(IAMI)は28日、1~4月の小売り販売台数が前年同期比35%増の7,093台だったと発表した。主力の商用車が2桁増で全体をけん引した。

IAMIの小売り販売台数の6割を占める小型トラック「Nシリーズ(エルフ)」が34%増、中型トラック「Fシリーズ(フォワード)」は65%増だった。4月に発売したキャブオーバー型軽量トラック「TRAGA(トラガ)」は177台だった。

IAMIのエルナンド・デミリー社長は発表で「いすゞの国内需要は好調に推移している。トラガの投入でラインアップを拡充したことで、販売台数はさらに加速するとみている」と述べた。

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)によると、1~4月のIAMIのディーラーへの出荷台数は49%増の7,971台だった。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都知事、空閑地の土地建物税を引き上げ(20:54)

ジョクジャ新空港、国内線から運航開始(17:59)

国際自動車展、IIMS開幕 中韓など9ブランドが新モデル(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

国際自動車展、欧州2ブランドも新モデル(04/26)

国産電動バイクと伊バイクの2社が初出展(04/26)

新日本コンサルが現法設立(04/26)

独ショット、医療用ガラス容器の生産増強(04/26)

国営建設子会社、西ジャワ州に新工場建設へ(04/26)

ピザハット運営社、年内にブカシに工場完成(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン