• 印刷する

テイクオフ:インド人はよく、手首に…

インド人はよく、手首に赤い糸を巻く。「マウリ」と呼ばれる単なるひもだが、「自身の魂と神をつなげる糸」とされている。これを巻くことで、ブラフマー(創造の神)とビシュヌ(維持の神)、シヴァ(破壊の神)の3つの神からご加護を受けるのにふさわしい人物になれる。

男性は右の手首、未婚女性は左の手首に巻く。手をきつく握り、反対の手は頭にのせながら巻くというルールがある。さらに、手首には血管が集まっているため、手首に糸を巻くことで血液の循環を促進するという、科学的根拠もあるのだとか。糖尿病や心臓疾患など大病を防ぐとも考えられている。

ほかにも、「ラクシャ・バンダン」と呼ばれる行事では、兄弟姉妹が「ラキ」と呼ばれるひもを結び絆を誓う。このようにインドでは手首にひもを巻く機会が幾度となくあり、国民の生活の一部になっている。(で)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊、現れる(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

中国OPPO、姉妹ブランドのスマホ発売(10/19)

テイクオフ:東南アジアに暮らしてい…(10/18)

住宅供給、7~9月は急減速 消費者が完成済み物件好む傾向も(10/18)

西川ゴムが南ア進出、インド企業との提携で(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

ベンガルール電力公社、EV充電施設を新設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン