• 印刷する

初代首相ウー・ヌ氏の旧居、記念博物館に

ミャンマー最大都市ヤンゴンで25日、同国の初代首相ウー・ヌ氏の旧居が「ウー・ヌ記念博物館」として開館した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(電子版)が27日伝えた。

25日に開かれた記念式典に出席したヤンゴン管区政府のピョー・ミン・テイン首相は「若者たちに、国の指導者や彼らの活躍について知ってもらいたい」と述べ、記念博物館の一般公開を歓迎した。

首相は、「ミャンマー独立の英雄アウン・サン将軍は1947年、1年以内の完全独立を約束した『アウンサン・アトリー協定』に署名した後、暗殺された。その後ウー・ヌ氏の活躍で協定が成立し、ミャンマーは独立国家となった」と説明した。

ウー・ヌ記念博物館は、バハン郡区ピータウンスー通りの42番地。開館日時は、金、土、日曜日の午前10時から午後5時までで見学は無料。館内には、祭壇が置かれた部屋のほか、居間や書斎、ダイニングルーム、寝室などの部屋があり、写真や書籍、食器などが展示されている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 観光政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ解決へ積極関与=ASEAN外相が一致(01/19)

ミャンマー産米に輸入制限 EU、貿易関係に不協和音(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

EU向けのコメに輸入制限、18日発動(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

コンド法の管理委設置、市場活性化に期待(01/18)

外交官に誠実さ求める、スーチー氏が訓示(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

ロヒンギャ問題が焦点、ASEAN外相会議(01/18)

人身売買の7割、中国人男性との強制結婚(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン