• 印刷する

初代首相ウー・ヌ氏の旧居、記念博物館に

ミャンマー最大都市ヤンゴンで25日、同国の初代首相ウー・ヌ氏の旧居が「ウー・ヌ記念博物館」として開館した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(電子版)が27日伝えた。

25日に開かれた記念式典に出席したヤンゴン管区政府のピョー・ミン・テイン首相は「若者たちに、国の指導者や彼らの活躍について知ってもらいたい」と述べ、記念博物館の一般公開を歓迎した。

首相は、「ミャンマー独立の英雄アウン・サン将軍は1947年、1年以内の完全独立を約束した『アウンサン・アトリー協定』に署名した後、暗殺された。その後ウー・ヌ氏の活躍で協定が成立し、ミャンマーは独立国家となった」と説明した。

ウー・ヌ記念博物館は、バハン郡区ピータウンスー通りの42番地。開館日時は、金、土、日曜日の午前10時から午後5時までで見学は無料。館内には、祭壇が置かれた部屋のほか、居間や書斎、ダイニングルーム、寝室などの部屋があり、写真や書籍、食器などが展示されている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 観光政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

政府、数年内に対GDP税収率15%目指す(10/19)

日本支援で投資促進計画 事業環境改善を加速(10/19)

〔寄り道〕「喉が渇いていますか?僕ので…(10/19)

外資規制緩和でイオンが認可、商業省(10/19)

格付けフィッチ、経済成長率を下方修正(10/19)

携帯MPT、電子書籍サービスを開始(10/19)

英政府とスイス系企業、小口保険の振興支援(10/19)

ラカインリゾート地での夜市に認可(10/19)

提訴されたイレブン記者ら、保釈を請求(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン