VC企業の範囲拡大、美容室やカラオケなど

韓国中小ベンチャー企業省は28日、ベンチャー企業の認定基準を大幅に緩和する「ベンチャー企業育成に関する特別措置法施行令」改正令を施行すると発表した。ベンチャー企業として認められていなかった23業種のうち18業種を認定する。

新たにベンチャー企業として認められるのは不動産賃貸業や美容業、カラオケ運営業、マッサージ業など。遊興業や射幸産業関連の5業種は除外された。18業種のベンチャー企業はベンチャー投資を受けることができるようになる。

ベンチャー企業を巡っては、政府省庁の中から、「第4次産業革命(インダストリー4.0)によりどんな企業でもITを基盤とした別の技術との融合で新たな分野のベンチャー企業になりえる」との意見が出たことから、これを反映した形となった。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス建設・不動産政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米テレビドラマ「スパイ…(07/17)

サムスン、5G設備で強気 世界シェア2割目標(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

6月の輸入物価指数、10.9%上昇(07/17)

6月輸出額0.2%減、船舶の減少など(07/17)

中国進出企業の景況感、上昇相次ぐ(07/17)

日韓のニトリルゴムにAD仮裁定、商務省(07/17)

貿易摩擦、中国成長率1P下がれば韓国0.5P(07/17)

文大統領「公約守れず謝罪」、最低賃金巡り(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン