インフラ計画に140億ペソ、カガヤン経済区

フィリピンのカガヤン経済区庁(CEZA)は、ルソン島北部カガヤン州の経済区と港湾、空港を結ぶインフラ整備のため、2019年予算で140億ペソ(約292億円)を割り当てるよう政府に申請している。カガヤン州の各地を結ぶ高速道路や同州とマニラ首都圏を結ぶ鉄道計画の実現に向け、…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

IT・BPM業界、成長目標を下方修正へ(11:14)

テイクオフ:週末になると、マニラ首…(11/19)

不動産18社、2桁の増収増益 大手2社は住宅開発に軸足(11/19)

西鉄がクラークに営業拠点、国内3カ所目(11/19)

中国支援の鉄道整備、コンサル契約を締結(11/19)

ケーブルカー事業、仏と合同でFS開始(11/19)

物流買収が影響、海運チェルシー72%減益(11/19)

10月外国人証券投資、6800万ドル売り越し(11/19)

16日為替:$1=52.715ペソ(↑)(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン