トヨタと英研究機関、都市交通で共同研究

【共同】トヨタ自動車の一般財団法人「トヨタ・モビリティ基金」は24日、英政府設立の「アラン・チューリング研究所」と共同で、人工知能(AI)を活用した信号制御システムなど都市交通の研究を始めたと発表した。 研究期間は1年半とし、成果は誰でも利用できるようにする。交…

関連国・地域: 日本
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

トヨタに賠償命令267億円、シートに問題(08/21)

東京都心の水族館をPR 横浜八景島、海外で観光客誘致(08/21)

りたりこ、韓国の補聴器メーカーに出資(08/21)

「自主開発」実は米社技術、中国IT企業が謝罪(08/21)

【この人に聞く】NECが金融専門部門を設置 高まる新技術の需要に迅速に対応(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

トピー工業合弁、西部でホイールの生産開始(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

韓国トヨタ、全南・順天に新ショールーム(08/21)

南部にレーシングコース、財閥企業が整備へ(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン