世論工作、政界に波紋=与党関与に注目

【ソウル共同】韓国与党「共に民主党」の党員だった男がインターネット上で世論工作を働いたとして逮捕・起訴される事件があり、政界に波紋が広がっている。被告が同党の元国会議員や政権幹部と過去に接触していたことが判明し、文在寅政権が誕生した昨年の大統領選でも、同党が関…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

米産などのスチレン、AD措置を正式決定(06/22)

米ロボット開発企業に出資、LG電子(06/22)

現代自がアウディと提携 FCVの開発加速、特許を共有(06/22)

ムーディーズ、サムスン電子格付け引き上げ(06/22)

最低賃金引き上げ、類例ない水準=OECD(06/22)

ベトジェット、韓国大邱―ダナン線就航へ(06/22)

公取委の企業調査・再就職不正、検察が捜査(06/22)

LGイノ、自社半導体をカーシート向け供給(06/22)

錦湖石化、手術用ゴム手袋の原料を増産(06/22)

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン