寧徳時代が日本進出、自動車業界へ販売狙う

【共同】中国の車載電池メーカー大手「寧徳時代新能源科技」(CATL、福建省寧徳市)の日本法人が25日、横浜市で開所式を開いた。電気自動車(EV)など電動化に向けた対応が進む日本に拠点を設け、自動車メーカーへの販売を狙う。 電動化を巡っては、電池は性能向上の鍵を握…

関連国・地域: 中国-福建
関連業種: 自動車・二輪車その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

18年の観光客8.2%増、目標500万人は未達(01/21)

テイクオフ:三十数年前に使った中国…(01/21)

悲観傾向が3年ぶり強さ 1Q大手景況感、貿易摩擦が影響(01/21)

「春運」旅客29.9億人見込み 0.6%増、きょう21日から対応実施(01/21)

中国江蘇省企業、プルサットで綿花栽培(01/21)

深センの18年経済規模、香港超えか(01/21)

自動車と家電、地方レベルでも追加支援策(01/21)

19年の香港経済2.5%成長に鈍化へ、DBS(01/21)

17年GDPを下方修正、成長率6.8%に(01/21)

中小企業7割、一帯一路に興味も参入困難(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン