寧徳時代が日本進出、自動車業界へ販売狙う

【共同】中国の車載電池メーカー大手「寧徳時代新能源科技」(CATL、福建省寧徳市)の日本法人が25日、横浜市で開所式を開いた。電気自動車(EV)など電動化に向けた対応が進む日本に拠点を設け、自動車メーカーへの販売を狙う。 電動化を巡っては、電池は性能向上の鍵を握…

関連国・地域: 中国-福建
関連業種: 自動車・二輪車製造一般


その他記事

すべての文頭を開く

米産などのスチレン、AD措置を正式決定(06/22)

小米株、クアルコムなど7社が5億ドル引受(06/22)

現マニラ空港は閉鎖も視野に トゥガデ運輸相、民間空港稼働後(06/22)

輸出指数が7年ぶり高水準 米中通商問題も楽観視大半(06/22)

中国の経済政策を徹底批判 米リポート、世界の脅威と主張(06/22)

大湾区計画の発表、再びずれ込みか(06/22)

技術移転の強制は歪曲、商務省が米国を批判(06/22)

マカティ地下鉄計画、比中連合に優先権(06/22)

中国企業、ミャンマーへの工場移転に関心(06/22)

中国製などの鉄鋼輸入制限、米が一部を除外(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン