【探訪】緬バングラ関係(7)軍政下での国家再編

第二次大戦後に新しい国家として独立したミャンマーとパキスタン。しかし、両国の国作りは困難を極めた。それぞれの領域に組み込まれた多様な集団の間で、国家の在り方についての合意が容易に形成されなかったからである。発足直後の政府は指導力を発揮できず、混乱した政情の収拾…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

投資相「総選挙の影響楽観」 改革強調、タイ企業を誘致(08/26)

帰還、「準備したが実行できず」と政府発表(08/26)

「ロヒンギャ虐殺の意図」国連が国軍非難(08/26)

アマタ、政府と合弁でヤンゴンに工業団地(08/26)

太陽生命保険、合弁会社への35%出資完了(08/26)

武装勢力が爆破の橋、完全復旧までに1カ月(08/26)

中国向けウナギ大量廃棄か、橋爆破で運べず(08/26)

テレノール、紛争地のネット遮断に懸念表明(08/26)

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/26)

FBが偽装アカウント216件削除、国軍関与も(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン