パアン工業団地、投機目的の買占で開発遅延

ミャンマー東部カイン(旧カレン)州のパアン工業団地の開発が遅れている。投機目的で買い占められた区画があることが理由。ミャンマー・タイムズ(電子版)が23日に伝えた。 同州のソー・フライン電力・工業相は、「パアン工業団地では、道路や電力など必要なインフラが既に整っ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 製造一般建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

ティラワで新区画の販売開始 7月から、さらに拡張も視野(06/20)

石油ガス鉱区の生産分与契約、条件を見直し(06/20)

日本との貿易額、4月は1.5億米ドル(06/20)

国連特使がラカイン州訪問、ロヒンギャと面会も(06/20)

スー・チー氏、73歳に=「心の平和」強調(06/20)

ヤンゴンでコメ値上がり予想、備蓄米を供給(06/20)

動画配信アイフリックス、利用者が急増(06/20)

ミッソンダム、中国が再開意欲あらためて表明(06/20)

カチン人道団体、治安当局から支援中止圧力(06/20)

モン州の洪水で千人避難、40年で被害最悪(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン