• 印刷する

企業の半数が経済犯罪を経験、PwC調査

会計事務所の世界大手プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の調査で、フィリピン企業の約半数が過去2年間に何らかの経済犯罪を経験したことが明らかになった。犯罪別では、「資産の横領」が最も多かった。

PwCが23日に発表した「2018年世界経済犯罪・詐欺調査」で、過去2年間に「何らかの経済犯罪を経験した」フィリピン企業は全体の54%。前回の16年調査の20%から大きく増加し、世界平均の49%を上回った。

24日付スターによると、犯罪別で最も多かったのは「資産の横領」で全体の53%が経験。これに「業務上の不正」(38%)、「購買に関する不正」(35%)、「会計上の詐欺」(29%)と続き、「贈収賄」と「消費者による詐欺」が24%で並んだ。被害を受けた企業の損害額は2万5,000~1億米ドル(約274万~109億円)となっている。

PwCフィリピンは今回の調査結果について、「確実に増加する経済犯罪に対して、各企業が以前よりも抑止に力を注ぐようになってきている」と指摘。前回調査ではフィリピン企業の41%が「経済犯罪に遭遇することはない」と回答していたものの、多くの企業が「経済犯罪に対処できる能力を高める」との見方を示した。

同調査は世界123カ国・地域の従業員数1,000人以上の大企業を中心とする企業幹部7,228人を対象に実施され、フィリピンから63人が回答した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

サウジ原油問題で懸念後退 エネ省「備蓄十分」、利下げ継続(09/20)

HOYA、レンズ工場に追加投資(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

昭石化工、防水材で販路拡大(09/20)

エアリキード、水素供給でシェルと長期契約(09/20)

比大統領、10月上旬にロシア訪問(09/20)

8月の国際収支、黒字4.9億ドルに拡大(09/20)

石油施設の跡地開発、サンミゲルに近く認可(09/20)

MRT3号線の中国車両、月内にも運行か(09/20)

マイニラッド、2千億ペソで下水道施設増強(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン