下期に大型IPO相次ぐか 滴滴など3社が1兆円超調達へ

香港取引所(HKEX)では今年下半期(7~12月)に大型新規株式公開(IPO)が相次ぎそうだ。HKEXが新たに導入した議決権種類株式(別名デュアル・クラス・ストック)を活用する動きが広がると予想され、調達額が800億HKドル(約1兆1,300億円)近い企業が3社出現すると…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: IT・通信医療・薬品化学・石化金融・保険商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

定期金利の引き上げ活発に 香港銀行、プライムレート上昇も(06/20)

華僑銀、大湾区での利益を5年で2倍へ(06/20)

続落、米中貿易摩擦の懸念広まる=香港株式(06/20)

大湾区の1人当たりGDP、東京超えも(06/20)

資金難の海航集団、香港の金融部門を解散(06/20)

5月の空港統計、旅客はプラス維持(06/20)

キャセイの5月旅客数、観光閑散期で微減(06/20)

珠江船務、大湾区商機にらみ戦略展開(06/20)

深センに呼び出しバス登場、5分で乗車可能(06/20)

3~5月の失業率、横ばいの2.8%(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン