• 印刷する

豪車販売企、国内初の日本ペイント商品販売

日本ペイントホールディングスが、オーストラリア最大の自動車販売会社オートモーティブ・ホールディングス・グループ(AHG)が5月に立ち上げた、自動車補修用塗料販売会社パーフェクト・フィニッシュズ・オーストラリア(PFA)を通じて、オーストラリアで初めて自動車補修用塗料を販売することが分かった。シドニー拠点のPFAは、12カ月以内にオーストラリア市場で3%のシェア獲得を狙っている。【NNA豪州編集部】

PFAの関係者はNNA豪州に対し「オーストラリアの自動車補修用塗料市場は年間約3億5,000万豪ドル(約292億円)規模。わが社は長期的に15%の市場シェアを狙う」と述べた。

PFAは、日本ペイントの商品を専門に扱う方針で、同社が中期目標とする市場シェアを達成すれば、オーストラリア市場での日本ペイントの自動車補修用塗料の市場シェアが8%になる。現在、オーストラリアでシェア1位は米国系企業で40%を占めている。

PFAは、日本ペイントホールディングスの海外子会社、NIPSEAグループと提携する。NIPSEAグループは、シンガポールを拠点にアジア15カ国・地域に進出し、日本ペイントの塗料販売を主要事業とする70社を傘下とする。同社は2014年11月に、日本ペイントホールディングスの子会社となった。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 自動車・二輪車化学小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

インドネシアとのFTA、破棄せず=労働党(19:41)

貸し渋りで豪集合住宅建設に打撃=フィッチ(19:41)

〔政治スポットライト〕与党、白人至上主義動議に賛成票で弁明(19:41)

テイクオフ:オージーの友人に、次の…(10/17)

三井住友FG、NSW州と覚書 シドニー西部開発で協力、邦銀初(10/17)

「両国を新ステージに」日豪経済会議が閉幕(10/17)

国家財政健全度、豪は世界4位=IMF(10/17)

中小企業の法人減税、事業成長の抑制要因に(10/17)

インドネシアFTAが頓挫も、労働党が反対(10/17)

〔政治スポットライト〕豪首相、エルサレムへ大使館移転を検討(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン