• 印刷する

テイクオフ:今ではすっかり傍観者と…

今ではすっかり傍観者となってしまったが、以前はなるべく断食に参加するようにしていた。

ムスリムの友人に「ブカブル(断食明けの食事を共にすること)しよう!」と誘われたものの電車の到着が遅れ、すし詰め状態の車内で「ブカブル」したのも懐かしい。汗と食べ物のにおいが混じった何とも言えない状況の中でも、きっちり食事をとる彼らに感心した。

手軽につまめることから、断食明けにいきなり揚げ物をどか食いするインドネシア人も多いが、本来はドライフルーツなど栄養価の高いものを少量食べるのが好ましいとされている。個人的なお気に入りは、ココナツミルクでバナナや芋などを甘く煮詰めた「コラック」。断食明けの定番で、泥水のような見た目に反して優しい甘さが疲れた体に染み渡る。たまには断食して、あの幸福感を味わうのも悪くないと思うこのごろだ。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夜中に目が覚めた。コン…(10/22)

銀行の海外支店開設は低調 世界経済に不透明感、国内に注力(10/22)

地場ビントラコ、ベンツ商用車販売へ(10/22)

重機生産台数、1~9月は42%増(10/22)

首都の違法屋外広告取り締まり、強制撤去も(10/22)

ロッテ建設、HCM市でニュータウン開発(10/22)

マツダ、MX―5の新モデル発表(10/22)

EVに関する大統領令、産業省が草案を提出(10/22)

水先案内JAI、水先船の保守事業に参入へ(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン