• 印刷する

テイクオフ:今ではすっかり傍観者と…

今ではすっかり傍観者となってしまったが、以前はなるべく断食に参加するようにしていた。

ムスリムの友人に「ブカブル(断食明けの食事を共にすること)しよう!」と誘われたものの電車の到着が遅れ、すし詰め状態の車内で「ブカブル」したのも懐かしい。汗と食べ物のにおいが混じった何とも言えない状況の中でも、きっちり食事をとる彼らに感心した。

手軽につまめることから、断食明けにいきなり揚げ物をどか食いするインドネシア人も多いが、本来はドライフルーツなど栄養価の高いものを少量食べるのが好ましいとされている。個人的なお気に入りは、ココナツミルクでバナナや芋などを甘く煮詰めた「コラック」。断食明けの定番で、泥水のような見た目に反して優しい甘さが疲れた体に染み渡る。たまには断食して、あの幸福感を味わうのも悪くないと思うこのごろだ。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジャカルタ中心部の国鉄…(01/17)

与野党陣営の舌戦が本格化 大統領選、今夜第1回討論会実施(01/17)

18年の四輪新車販売、7%増の115万台(01/17)

18年の完成車輸入、16%減の8.2万台(01/17)

お好み焼き「千房」、1号店を27日オープン(01/17)

18年の訪日観光客、39.7万人で過去最高(01/17)

消費財キノ、森永現法の全株式の取得を完了(01/17)

宅配各社が相次ぎ値上げ、最大手は平均2割(01/17)

スリ財務相、世銀総裁候補との下馬評(01/17)

天然ゴムの輸出30万トン削減、2カ国が合意(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン