• 印刷する

テイクオフ:今ではすっかり傍観者と…

今ではすっかり傍観者となってしまったが、以前はなるべく断食に参加するようにしていた。

ムスリムの友人に「ブカブル(断食明けの食事を共にすること)しよう!」と誘われたものの電車の到着が遅れ、すし詰め状態の車内で「ブカブル」したのも懐かしい。汗と食べ物のにおいが混じった何とも言えない状況の中でも、きっちり食事をとる彼らに感心した。

手軽につまめることから、断食明けにいきなり揚げ物をどか食いするインドネシア人も多いが、本来はドライフルーツなど栄養価の高いものを少量食べるのが好ましいとされている。個人的なお気に入りは、ココナツミルクでバナナや芋などを甘く煮詰めた「コラック」。断食明けの定番で、泥水のような見た目に反して優しい甘さが疲れた体に染み渡る。たまには断食して、あの幸福感を味わうのも悪くないと思うこのごろだ。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

2被告の審理継続へ、金正男氏殺害事件(08/17)

非破壊検査TNDT、インドネで事業化調査(08/17)

貿産省、熱延コイル反ダンピング解除を検討(08/17)

中信金、東南アでのネット銀参入に意欲(08/17)

テイクオフ:ジャカルタでは最近、歩…(08/16)

【自動車特集】買いたい車はトヨタと五菱 日本車への評価堅調、迫る中国車(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン