• 印刷する

テイクオフ:我がアパートのエントラ…

我がアパートのエントランスには無人販売ラックがある。ここ北京ではオフィスビルなどで昨年以降、同様の設備を頻繁に見かけるようになった。

起き抜けやお風呂上がりにだらしない姿のままで階段を下りて、冷えた炭酸飲料やビール、おつまみをさくっとゲット。韓国の激辛カップ麺「ブルダッグ」に日本の塩分控えめポテチと、近所のコンビニに売っていない輸入商品を置いているのもうれしい。決済はもちろん、スマホでワンタッチ。出無精に拍車はかかるけど、便利なことこの上ない。

「無人で消費者には何の得があるの?」「普通の店より安いの?」そう言う人もいる。「無人販売ラックは手掛ける業者が一気に増えた分、経営難に陥る企業も続出」。そんな報道も見る。でもなまけ者にとってはありがたい存在だ。設置場所こそ選ぶかもしれないが、個人的には伸びしろのある商売だと思う。(天)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 小売り・卸売りサービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

利豊、サプライチェーンで中国離れ加速(14:19)

ビール輸入額、3年で倍増 日本トップ、中国・米国産が追う(03/22)

テイクオフ:「口は命の入り口、心の…(03/22)

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

増値税の仕入れ控除を拡大 旅客運輸も対象、減税策続々登場(03/22)

鴻海子会社、中国アリババ220万株を売却(03/22)

中国・塩城工場での生産中断、起亜自(03/22)

シャオミ、決済アプリのミペイ導入(03/22)

米中閣僚級協議、28~29日に北京で開催(03/22)

スービック鉄道などへのODA、中国と協議(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン